重曹やお酢を使ってエコ掃除をしよう!

あなたは洗剤に含まれる成分を知っていますか?

私たちが普段使っている洗剤には界面活性剤という成分が含まれています。界面活性剤は毒性・浸透力・残留性が高く、自然界でもとても分解されにくいのです。

つまり、手荒れやアトピーの原因になったり、環境や生態系を破壊し、人体にも悪影響を及ぼしてしまうんです。

その点、重曹やお酢は天然素材のため、手荒れや環境破壊の原因にはなりません。また、洗剤を使わなくても重曹とお酢さえあれば、十分きれいになります。

今日からエコ掃除を始めませんか?

キッチンの掃除

キッチンの掃除のコツは、毎日でなくても食器を洗ったあとに一緒にキッチンの掃除をすることです。そうすることでいつでもキレイなキッチンを保つことができます。

ガス台

油汚れが多いガス台には重曹水を吹きかけて、布巾などで拭き取ります。 ちょっと頑固な場合は、重曹を直接ふりかけて重曹水をスプレーししばらく放置します。その後、軽くこすると汚れが落ちます。

シンク

水あかにはお酢が効きます。酢水またはクエン酸水をシンクにまんべんなくスプレーして、スポンジでこするとキレイになります。

排水口

排水口は、重曹をそのまま排水口と周りにたっぷりふりかけて、コップ1杯の熱湯を注ぎ、しばらく放置します。その後、水を流すと詰まりやニオイがとれます。

また、ぬめりやカビを減らすには銅のゴミ受けがおすすめです。銅には除菌作用があるので、嫌なヌルヌルが減って掃除がラクになります。

お風呂

床は重曹を直接ふりかけてたわしでこすります。浴槽や壁は重曹水をスプレーしてバススポンジでこすります。水垢がひどい場合は、重曹をふりかけて、酢水をスプレーしてスポンジで磨くとキレイになります。

お風呂のヌルヌルした汚れには酢水やクエン酸水をスプレーしてスポンジでこすります。

頑固な黒カビ

重曹をふりかけて、たわしでこすります。
それでもダメな場合は、ティッシュを黒カビにかぶせて、その上から酢水をスプレーしてしばらく放置します。その後、重曹ペーストでこすります。

※黒カビを発生させないためには、乾燥させることが大切です。お風呂に入っている時や出たあとは換気扇を回して乾燥しましょう。

また、石鹸かすなどが残っているとそれがカビの栄養分となり繁殖してしまうのでお風呂から出たあとは、冷たいシャワーで浴槽、壁、床をさっと洗い流しましょう。

トイレ

便器

ふたや便座などは酢水やクエン酸水をスプレーして拭くか、水でぬらしてかたく絞ったぞうきんやカットクロスなどでふきます。便器内部は、重曹をふりかけて酢水をスプレーして泡立たせてから、トイレブラシでこすります。

酢水やクエン酸水をスプレーしてふきます。トイレの床には、酢水やクエン酸水をスプレーして水でぬらしてかたく絞ったぞうきんやカットクロスなどでふきます。酢水やクエン酸水を使うことで尿のニオイとりにもなります。

関連記事

return top