地球温暖化につながる?二酸化炭素や牛のゲップの影響

地球温暖化について

ゴミと地球温暖化の関係

ゴミが大量に出ると、何らかの方法でそれを処分する必要があります。可燃物であれば焼却処分をすることが最も手っ取り早い方法でしょう。

ゴミのなかでも最も急激に増え続け、その量の多さが問題となっているプラスチック製品も、大半は可燃物であるため、分別してリサイクルされなければそのまま燃やされてしまうことになります。

燃焼によって二酸化炭素が発生することは誰もが知っていることです。その二酸化炭素は地球の温暖化を促進する温室効果ガスの中で一番多くの割合を占める気体なのです。

温室効果ガスは、地球の表面から外に向かう熱を大気に蓄積してしまいます。ですから、温室効果ガスの濃度が高まれば、温室のように熱が地球の表面に留まってしまい、どんどん温暖化が進んでしまうのです。

たくさんのゴミを燃やせばそれだけ、二酸化炭素が多く大気中に放出されます。

人類が、より便利な生活を求め続けた結果、二酸化炭素を吸収し、酸素を供給してくれる役割を果たしてきた森林が次々と破壊され、減り続けている今、これはとても深刻な問題なのです。

温室効果ガスの影響

温室効果ガスの筆頭である二酸化炭素は、人類の繁栄と共に増え続けています。便利な電化生活を支える電力の多くは火力発電に依存しています。

火力発電は、石油などの化石燃料を燃焼させることによって発生する熱を利用するものですが、膨大な量の化石燃料を燃やすということは、膨大な量の二酸化炭素を生み出してしまうことになります。

ゴミとなればとても厄介なプラスチック製品も、その製造過程で多くの電力を消費しています。

私たちが電力消費を減らす努力をしなければ、このまま二酸化炭素は増え続け、温暖化が加速していくことは間違いありません。

他にもある温室効果ガス

温室効果ガスは、二酸化炭素だけではありません。地表の熱を蓄積する性質を持つ気体は他にもあります。天然ガスの採掘の際に出るメタンもその一つです。

メタンは二酸化炭素の次に温暖化への影響が大きい気体ですが、メタンの増加の原因には意外な物が挙げられています。

それは、家畜の「ゲップ」です。

「え?ゲップって、あの、ゲップ?」と、意外に思う人も多いでしょう。人間が出すゲップと違い、牛やヤギなどが出すゲップはメタンの排出量がずっと多いのです。

牛には4つの胃袋があることをご存知でしょうか?

牛は反芻(はんすう)といって、食べ物を完全に消化するために、一度飲み込んで胃袋に入った物を再び口の中に戻し、よく噛んで別の胃袋に移すということを繰り返しているのです。

牛がいつも口をモグモグさせ、よだれを垂らしているのはそのためです。その反芻の過程で、牛たちは大量のメタンを放出しているのです。

たかが牛のゲップといえども、オーストラリアや南米など、大量に牛を飼育している地域では、排出されるメタンも相当な量になるでしょう。

多くの家畜もまた、人間の豊かな食生活を支えるために必要なものです。人間は、豊かな生活と引き換えに、どれだけ地球の温暖化を進めているのでしょう。

結局は、自らの首を絞めていることになるのに・・・。

関連記事

return top