クローゼットのチェックでわかる、あなたの意識レベル

さあ、クローゼットを開けてみてください。

そこには、季節に合った装いが並んでいるでしょう。お気に入りの服もあれば、くたびれたものもあるかもしれません。そこであなたに探していただきたいのは、「古い服」です。

あなたは物持ちが良い?悪い?

次のチェック項目にそれぞれyes/Noでお答えください。

  1. 自分の親、もしくは祖父母の世代、あるいはそれよりも昔の服があり、今も着ている
  2. 20年以上前に来ていた服があり、今も着ている
  3. 10年以上前に来ていた服があり、今も着ている
  4. 1年以内に購入した服は、全体の2割以下だ
  5. 流行が巡るということを身をもって知っている

もしあなたが5つの問いすべてにyesで答えたなら、あなたはとても物持ちの良い方です。もしもすべての答えがNoだったなら、あなたはムダ遣いと使い捨ての大好きな人物なのでしょう。

物差しは服だけではない

次に、靴箱を開けてください。そして、以下の質問にやはりyes/Noでお答えください。

  1. 修理をしたことのある靴が5割以上ある
  2. 5年以上履いている靴がある
  3. 新しいものは全体の2割以下だ

いかがでしょう。やはり、yesが多いほど物持ちが良いということになります。

良いものを1つだけ買うと言う姿勢

物持ちが良いかどうかは、2つの要因によって決まります。

1つは、買い物の方法。もう1つは、手入れの方法です。

みなさんは、安物を大量に購入するのと、効果で質の高いものを1つだけ買うのと、どちらが得だと思いますか。

たとえば、服にかけられるお金が10万円あるとしましょう。1,000円の服を100着買うのと、10万円の服を1着買うのと、あなたはどちらを選びますか。

ただし、1,000円の服には特に気に入った服もそれなりに気に入った服も混ざっていて、10万円の服は特に気に入ったものだとします。

わたしは、迷わず後者を選びます。なぜなら、良いものは何十年も着られることをよく知っているからです。

次に手入れですが、これは洗濯の方法や着ないときのしまい方を少し工夫すれば良いことです。虫除けのハーブを一緒にしまっておいたり、麻布をかけて日除けにしたりするだけで随分違います。

また、靴などはメーカーにこまめに修理に出すことで、随分長持ちします。これからは買い物もお手入れも、少し考えてみてください。

使い捨てをやめてモノを長く愛用することで見えてくるものはたくさんあるはずです。

関連記事

return top