食品添加物が使われる目的と理由とは?

食品添加物の安全性について

食品添加物の用途

食品を加工した場合、特にそれを大量に販売する場合などは、さまざまな食品添加物が使われます。

たとえば、たくさん作っても移動や長時間の陳列で腐らないよう、商品の品質を守るためには「防腐剤」や「PH調整剤」が必要となります。

よく売れるおいしい商品を作るためには「甘味料」、「酸味料」、「調味料」も必要です。見た目がきれいな商品にするためには、汚い色を取り除く「漂白剤」を使い、美しい色を付けるために「着色料」が使われます。

食品の変色を防ぐためには「発色剤」も使います。食感を良くするため、「ゲル化剤」や「増粘剤」といった添加物も使われます。

加工食品の袋に付いているラベルを見ると、本当にいろいろな添加物が使われていてびっくりします。

さまざまな種類の添加物

このように食品添加物にはさまざまな用途があり、その目的に応じたものが添加されています。

添加物の名前はややこしいものもありますが、普通によく見られるものは、何度も見ているうちにある程度は頭の中に入ってくるものです。

たとえば防腐剤に使われているものは、「ソルビン酸」や「安息香酸ナトリウム」「酒精」などがあります。ソルビン酸は、クリームの入った菓子パンにはよく表記されていますし、安息香酸ナトリウムは炭酸飲料のラベルでよく見かけます。

発色剤は、たらこやハム、ウインナーなど、色が悪いとおいしそうに見えない食品に多く用いられています。着色剤にいたっては、お菓子や飲料、焼豚などのお惣菜など、ありとあらゆる食品に使われています。

添加物の使用によるメリット

食品に添加物を使うのは、販売利益を上げるためには必要なことなのかもしれません。しかし、過度に使用されているように思われる食品もたくさんあるように思います。

食品添加物がたくさん表示されているラベルをみると、「こんなにわけのわからないものがいっぱい入っている食品、食べても大丈夫かしら。」と、思ってしまいます。
 
だからといって防腐剤が一切入っていない食品で菌が増え、食中毒を起こす可能性だって否定できません。色の悪い食品が食欲を減退させるときだってあります。

添加物はまったくの悪者ではなく、その用途によって必要な場合もあることは間違いありません。

関連記事

return top