100%オーガニックにこだわった布ナプキンブランド16選

お肌にやさしいという理由からユーザーも増えつつある布ナプキン。紙ナプキンとは違って洗って繰り返し使えるので、生理の度にゴミが出ず環境にもやさしいです。

布ナプキンの生地はオーガニックコットンが一般的ですが、オーガニックコットンの使用は肌面のみで、カラフルな柄生地は普通の綿を使用していることがほとんど。

できるならお肌にも環境にもやさしい100%オーガニックコットン製を使いたいもの。そこで今回は100%オーガニックにこだわった布ナプキンブランドをご紹介します。

白うさぎ

白うさぎ

白うさぎは布ナプキンの老舗ブランドメーカー。オーガニック認定を受けたコットンではありませんが、無農薬・無化学肥料のコットンを使用しています。漂白や化学処理なども一切していません。

あるでばらん

あるでばらん

コットンではなくシルク生地(一部商品は未サラシコットンネル)を使用しています。茜・よもび・びわで草木染めをし、媒染剤(ばいせんざい)にもケミカルなものは使用していません。

ビビエルボ

ビビエルボ

純国産のオーガニックコットンを使用しています。除草剤や殺虫剤なども一切使用せず、加工の際にも染色や、防縮加工、柔軟剤などの化学処理を行っていません。

Kotori works(コトリワークス)

Kotori works

汚れ落ちの良いリネン生地を使用しています。中生地や防水シート、糸まで徹底的にオーガニックにこだわっています。使いやすさや洗いやすさにこだわっているのもポイント。

益久染織研究所

益久染織研究所

無農薬・無肥料の自然栽培のコットンを使用しています。手つむぎの糸を使用して染料も不使用。ただし、防水シートにポリエステル・ポリウレタン、吸収体に防水アクリル・綿再生繊維を使用しています。

メイド・イン・アース

メイド・イン・アース

オーガニックコットン100%、加工の際もケミカルなものは使用していません。通常のコットン(きなり)のほか、茶やグリーンのコットンを使用し、かわいい柄の布ナプキンがそろっています。

笑こころ(えこころ)

笑こころ

オーガニックコットンや和紙を使用した布ナプキンです。和っ布る(わっふる)という和紙布で、吸水力・通気性・消臭力などに優れています(一部商品の柄生地が通常の綿)。

ミュッター

ミュッター

原料はすべてフェアトレードのオーガニックコットン。化学染料や漂白剤も一切使用していません。柄もかわいくラインナップも豊富で選ぶ楽しさがあります。

プリスティン

プリスティン

素材はすべてオーガニックコットン100%(一部商品は一般綿を使用、防水シートにポリウレタン・ポリエステル使用)の布ナプキンです。シンプルなのが特徴です。

Sckoon(スクーン)

Sckoon

最高級級エジプト綿のオーガニックコットン100%を使用しています。染色、漂白、定着剤、蛍光増白剤、防縮剤なども一切使用していません。柄生地には環境にも優しい天然染料を使用しています。

TAKEFU

TAKEFU

竹を原料にしたレーヨン100%の布ナプキンです。竹は農薬などを使用しなくても育つエコロジー素材。抗菌性、消臭性、制電性、吸湿・吸水性、温熱効果にも優れています。

菜布(なふ)

菜布

素材にはピュア・オーガニックコットンを使用しています。加工の際も化学薬品などは一切使用せず、よもぎやかりやす、ローズマリー、茜などの草木染めで染めています。

こころこ

こころこ

オーガニックコットン100%の布ナプキンです。草木染めを施し、ラインナップはホルダー、パッド、ミニホルダーの3種類ととてもシンプル。

LINTEN

LINTEN

オーガニック100%でケミカル加工や化学染料なども使用していません。茜やログウッドなどの草木染めを施し柄もかわいく、ラインナップも豊富です。

Ena(えな)

Ena

オーガニック栽培・フェアトレードの綿花を使用しています。科学的な防縮、色落ち防止加工もしていません。紅花、びわ、よもぎ、茜などの草木染めを施し色もカラフルです。

ORGANIC GARDEN(オーガニックガーデン)

オーガニックガーデン

オーガニックコットン100%(防水布にはポリエステル使用)で、べんがら染めという染め加工をしています。シンプルな柄ですがラインナップが豊富です。

関連記事

return top