柔軟剤の使用について

柔軟剤の使用

最近は「香り」がブームなこともあり、洋服やタオルの洗濯時には柔軟剤を使っているという方が多いと思います。布ナプキンの洗濯にも柔軟剤は使っていいのでしょうか?柔軟剤のメカニズムと合わせて考えてみましょう。

柔軟剤は衣類に「膜」を作る

洗濯機で柔軟剤を使うときには、洗剤と一緒にいれるのではなく、専用の投入口にいれます。

その理由は、柔軟剤と洗剤を一緒にいれてしまうと、洗剤に含まれている界面活性剤と、柔軟剤に含まれている界面活性剤が先に結合してしまい、汚れを落とす力と柔軟効果のどちらも発揮できなくなってしまうからです。

柔軟剤は、洗剤に含まれている界面活性剤の影響で繊維の表面に発生するマイナス電気を利用し、プラスの界面活性剤を結合させてコーティングします。

繊維の1本1本がコーティングされれば、絡み合ってごわつくことはありません。その結果、手触りのいいやわらかい洗いあがりになるからです。

布ナプキンにはNG

理由は前出の「コーティング」です。経血を吸収するのがお仕事の布ナプキンの表面に油膜がある状態では、ちょっと困ってしまいますね。以上のことから、「布ナプキンに柔軟剤は使わない」のが正解です。

布ナプキンは買ったばかりのときほどごわつきやすいものですが、洗濯を繰り返すうちにだんだんとやわらかくなじんできます。

気になる方は、防水シートや吸収体が入っていない布ナプキンなら、ネットにいれて乾燥機を使うのも手。少し手間はかかりますが、ドライヤーで乾かす方法もあります。

また、干す際はパタパタとよく振ったり、シワを伸ばすようにするとごわつきを防ぐことができます。長時間紫外線にあてるのもごわつきの原因になるので乾いたらすぐに取り込みましょう。

そもそも柔軟剤はすすぎの最後に投入するため、柔軟剤の成分である界面活性剤や人工香料などが繊維に残り、肌への刺激となってしまいます。

布ナプキンは特にデリケートな部分に使用するもの。肌への刺激もその分大きくなるので使用しないのが一番です。

関連記事

ピックアップ記事

メイド・イン・アース

滑らかな肌触りにびっくり!メイドインアースの「リトル布ナプキン」に初チャレンジ

私はもともと肌が弱くてかぶれやすく、一般的に普及している使い捨てナプキンだと、蒸れてかゆくなっていました。そんな時にインターネットで蒸れにく…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る