暑い季節も快適!益久染織研究所のふんわりさらり布ライナーシリーズ

益久染織研究所は、手つむぎオーガニックコットンの製品を取り扱っている会社です。今回は、益久染織研究所の布ライナーを2種類試してみました。実際に使ってみた使用感をレビューします。

商品を注文する

今回は注文したのは「ふんわりさらり布ライナーミニ」と「ふんわりさらり布ライナー」の2点。ヤマト運輸の宅急便で届きました送料は540円でした。後から気づきましたが、ネコポスもあるようです!

商品到着

袋を開けると、説明書と簡単に包装されたライナーが入っていました。コトリワークスよりも簡易包装でコスト削減はばっちり!

商品を開封

益久染織研究所の布ナプキンの特徴は、無農薬・無肥料の畑で栽培された自然栽培の綿(手つむぎ糸)を使用していること。染色も一切しておらず、綿そのままの色を生かしています。

まずはふんわりさらり布ライナー。

布なライナーの表面

両面使えるリバーシブルタイプで、おりものライナーとしての使用はもちろん、生理の終わりかけや経血量の少ないときにも使用できます。

裏面

手つむぎ木綿の和紡と二重ガーゼが使われ、手作りの温かい感じです。

こちらが二重ガーゼの面。

二重ガーゼ

そしてこちらが和紡。和紡は吸収力に優れているんだそう。

和紡

初めて見た時は、手つむぎ木綿の和紡の面は「荒くて痛そう」と思いましたが、付けてみると予想よりもはるかにフワフワしていて付け心地は良好。

ボタン

ショーツに固定するボタンは一つでシンプル。

続いてふんわりさらり布ライナー・ミニ。

布ライナー・ミニ

ふんわりさらり布ライナーよりも一回り小さいサイズです。ミニも和紡と二重ガーゼが使われ、両面使えるリバーシブル仕様です。

固定するスナップ

ナプキンを固定するスナップが2組付いています。レースになっていいてかわいいですね。

実際に使用した使い心地は?

初めて見た時は、手つむぎ木綿の和紡の面が「荒くて痛そう・・・」と思いましたが、見た目と違って柔らかく、蒸れや違和感もなく快適で素材自体には満足。

ふんわりさらり布ライナー

ふんわりさらり布ライナーは、コトリワークスの布ライナーに比べても付け心地が良く、ズレもなくて快適に使用できました。今まで使用したおりもの用のナプキンの中で一番気に入っています。

今回はおりものだけではなく、「経血の量が少ない時にも使える」ということで生理1日目にも使ってみました。経血量もあると思いますが、使用して2時間でショーツに貫通モレしてしまいました・・・。

吸収体や防水シートが入っていないので、仕方ないかもしれません。横漏れはしなかったので、ごく少量の経血量なら良いかも?

ミニの方は生地が薄くてショーツに固定されている面が少ないためズレたり、ショーツを急いで上げたりすると折れてしまいました。なので、使用には少し注意が必要です。

ミニライナー

経血の汚れは使用後にすぐにつけ置き洗いをして、こすり洗いをすることできれいに落ちました。・・・が、素材がデリケートなため力を入れて洗うと「ブチブチ」という音がしてしまいました。

生地がとてもデリケートなので手洗いするときはやさしくもみ洗いしないとダメですね(反省)。絞る時も軽くたたんでから握って水気をきるか、脱水のみネットに入れて脱水機を使うと良いかもしれません。

オーガニック感があふれる心地よい素材が魅力的のふんわりさらり布ライナーシリーズ。洗濯や使用には気配りや注意が必要ですが、暑い季節は快適に使えそうです。

ふんわりさらり布ライナー ふんわりさらり布ライナーミニ

関連記事

ピックアップ記事

ミュッター

ミュッターのライナー&プレーンタイプとホルダー&パッドタイプを比較しました!

前回、ビビエルボのホルダーとパッドの組み合わせがとても安心感があって使いやすかったので、今回もホルダーに挑戦してみたいなぁと思っていました。…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る