暑い日に大活躍の布ナプキン、益久染織研究所の「三つ折りパット おひさま用 生成」

益久染織研究所

「益久染織研究所」は、人の手で紡いだ木綿を専門に扱うお店です。布ナプキンのほかにも手つむぎ木綿を使ったストールや靴下などの衣類小物も扱っています。

そして驚くことに、使われている木綿の生地は今ではほとんど見かけることのない「糸車」で糸を紡いで作っているというこだわりよう。そんなに手間がかかっているのに、1枚1,300円程度で布ナプキンが買えちゃうなんてすごいですよね。

実は届く前から、かなり楽しみにしていました。

早速商品を注文する

今回は「三つ折りパット おひさま用 生成」を注文。待つこと数日、ネコポスにて到着しました(送料237円)。

届いた商品

封を開けてみるとビニール袋にナプキンと説明書が入っていました。

ナプキンと説明書

実際に届いた布ナプキンを見てみると…

手つむぎ木綿の面

裏面と表面で素材が違っていて…手つむぎ木綿の面は白っぽい生地でコーヒーの入っている麻袋のような目の粗い見た目。

木綿の面のアップ

もう一方はガーゼ生地が使われていて、ほんのりと茶色っぽい生成り色。

ガーゼ生地

ところどころに植物の繊維と思われる茶色いカスのようなものがそのまま織り込まれていて、「天然素材」という感じがとても伝わってきます。

ガーゼ生地のアップ

どちらの面も風通しが良さそうなので、蒸れにくそうな印象。ただ、「目が粗いので下着まで貫通してしまうのではないか」という不安と、縫製はいまひとつな感じでところどころフチを縫っている糸がぴょんと飛び出しているところは気になります。

アップ

生地などの素材に手間暇をかけている分、縫製には手が回らなかったのかな?

実際の使用感

今回は生理2日目に、手つむぎ面が表になるように折って使用しました。少し厚みが出てしまったので今回はホルダーはなしです。

実際につけてみると、目が粗い割に経血をしっかりと吸収してくれるので、貫通もしないし蒸れることなく快適。付ける前はちょっと厚いかなと思っていたものの、実際に付けてみると思ったほど厚みは気になりませんでした。

また、生地のボコボコ感がかゆくなるかなとも思いましたが、ホルダーなしでもずれることなく、心配していたかゆさも感じませんでした。

吸収力と風通しが良いので暑い時期や、普通の日よりも経血量がちょっと多い時には特に活躍してくれそうです。

洗濯時について

使用後の洗濯は、使用前に洗ったにもかかわらず洗っている最中に細かい糸が出てくるところがちょっと気になりました。素材が使いやすくてお気に入りなだけに、縫製が改善されたらもっと良くなるのに…なんだかもったいないですね。

5段階評価

  • ズレ・・・★★★★★
  • モレ・・・★★★★
  • 汚れ落ち・・・★★★
  • 肌触り・・・★★★★
  • 使い心地・・・★★★★
  • ムレ・・・★★★★
  • 乾きやすさ・・・★★★★★
公式 Amazon

関連記事

ピックアップ記事

ミュッター

ミュッターのライナー&プレーンタイプとホルダー&パッドタイプを比較しました!

前回、ビビエルボのホルダーとパッドの組み合わせがとても安心感があって使いやすかったので、今回もホルダーに挑戦してみたいなぁと思っていました。…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る