布ナプキンの理想的な干し方とエチケット

干し方

洗濯した布ナプキンはしっかり乾かして使います。乾かし方が甘いと雑菌が繁殖してしまう危険が。雑菌はニオイの原因になりますし、雑菌のついた布ナプキンを肌にあてるのは心配ですよね。

生活スタイルによってはいつも外に干せるとは限らないかもしれませんが工夫して乾かしてみましょう。ここでは布ナプキンの理想的な干し方についてご紹介します。

殺菌のためには天日干しが理想

天日干し

形を整えた布ナプキンをピンチハンガーなどに吊るし、風通しのいいところで天日干しして殺菌するのが、布ナプキンの理想的な干し方です。

人の目が気になる場合は、布ナプキンは真ん中に干してその周りを囲うようにタオルなどを干すと安心です。ただし、紫外線に長時間あてるとごわつきや、生地が傷む原因になるので乾いたらすぐに取り込みましょう。

脱水は洗濯機で!

手洗いでそのまま干すときには、どうしても脱水がゆるくなってしまいます。しっかり乾かすために、干す前には手洗いの場合でもできれば脱水は洗濯機を使いましょう。しっかり脱水することで生乾きによる雑菌の繁殖を防ぎます。

プレーンタイプが乾きやすい

干す時間をできるだけ短くすませるためには、厚みがなく広げて干すことができるプレーンタイプの布ナプキンがおすすめ。見た目も布ナプキンとわかりにくいので、外に干しやすいです。

逆に中に吸収体が何枚も入っている一体型ナプキンは、厚みがある分乾きにくくなるので生乾きの原因に。しっかりと乾いていないとそこから雑菌などが繁殖しまい不衛生です。

外に干せないときは?

外に干せないときには、できるだけ日の当たる場所や風通しの良い場所に干しましょう。ただし、カーテンレールはNG。布ナプキンに窓ガラスやカーテンが密着すると乾きにくいだけではなく、雑菌が繁殖してしまう原因になります。

なので、窓際から少し離した場所に干すのが理想です。また、扇風機をあてておくと比較的早く乾きます。ですが、しまう前に1度は日に当てましょう。

きちんと乾かすことは布ナプキンを長持ちさせることにもつながりますし、何より使っていて気持ちがいいはず。乾きにくい季節は少し多めに布ナプキンを用意しておくと安心ですよ。

関連記事

ピックアップ記事

ミュッター

ミュッターのライナー&プレーンタイプとホルダー&パッドタイプを比較しました!

前回、ビビエルボのホルダーとパッドの組み合わせがとても安心感があって使いやすかったので、今回もホルダーに挑戦してみたいなぁと思っていました。…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る