布ナプキンの生地の特徴

布ナプキンの生地

布ナプキンの生地というと、「コットン」や「オーガニック」というキーワードが浮かびますよね。しかし、コットン以外を使用した布ナプキンもあり、同じコットンでも織り方によって特徴が変わります。

ここでは布ナプキンに使われる生地の特徴をまとめてみました。

コットン

コットンは布ナプキンでよく使われている素材です。織り方によってさまざまな種類があります。

コットンネル

ネル生地

もっともポピュラーな生地。ふかふかと起毛しているのが特徴で、吸収力抜群&あたたかみがある、といったことから布ナプキンによく使われています。モレが気になる方や肌の弱い方はまずネルの布ナプキンから試してみるのもおすすめです。

パイル

タオルのようなふんわり感のある肌触りが特徴。吸収力が良く内部の吸収体として使用されることもあります。

ガーゼ

ガーゼ

サラッとした肌触りで経血が肌残りしにくいのが特徴。吸湿・通気性に優れていますが、吸水力があまりなく貫通モレしやすいのでおりものや軽い日用としておすすめです。

ワッフル

ワッフル

その名の通りワッフルのように表面が凸凹した生地。肌触りがよくさらっとしているのが特徴です。吸水性・通気性・保湿性に優れています。

スムースニット

なめらかで柔らかく適度な厚みがあるのが特徴。さらっとした肌触りで下着用として使われることもあります。吸収力が弱いためおりものや軽い日用向き。また、どちらかといえば血液の汚れも落ちにくいです。

ネル生地以外は、さらっとしていて起毛していないものがほとんど。生地は薄手で夏場でも気持ちよく使えますが、吸収力は落ちるため、ネル生地と重ねて作られているなど、工夫されていることが多いです。

リネン(麻)

リネン

コットンより肌触りは固めになりますが、通気がよく、繊維に含まれるペクチンの効果で汚れ落ちがいいというメリットがあります。繊維に汚れが付着しにくく、洗濯にも耐える強い繊維で長持ちします。

また、速乾性に優れているので乾きやすく、吸水性も高いです。コットンとリバーシブルのものなど、季節や好みで使い分けられる仕様のものもみられます。

シルク

シルク

シルクは人間の肌と同じ弱酸性で保温性に優れている素材です。しなやかでやわらかい肌触りですが、薄いため経血の吸収にはあまり向きません。

そのため、コットンと織り合わせることで吸収力を補うほか、生理日以外の冷え対策ナプキンとして販売されていることもあります。おりものライナーとしてもおすすめです。

モダール

木などのパルプや竹、植物などが原料の素材です。シルクのような肌触りで、しなやかさとやわらかさがあり、さらりとして気持ち良いのが特徴です。お洗濯に強くごわつきにくいというメリットがあります。

竹繊維(バンブー)

抗菌、消臭、殺菌作用に優れているため、気になる臭いや雑菌の繁殖などを抑えてくれます。また、遠赤外線効果があり、ポカポカと温めてくれるという嬉しい効果も。

さらに、竹は農薬や肥料を与えなくてもぐんぐん育つ植物のため、その他の素材に比べて地球にもやさしい素材で、環境負担も少ないです。

関連記事

ピックアップ記事

ミュッター

ミュッターのライナー&プレーンタイプとホルダー&パッドタイプを比較しました!

前回、ビビエルボのホルダーとパッドの組み合わせがとても安心感があって使いやすかったので、今回もホルダーに挑戦してみたいなぁと思っていました。…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る