布ナプキンのメリットとデメリット

布ナプキンのメリット・デメリット

布ナプキンを使ってみたいと考えている場合、まず使い捨てナプキンからの切り替えをすることになります。メリットの多い布ナプキンではありますが、使い捨てナプキンの便利さに慣れていると、デメリットと感じる部分はどうしてもでてきます。

あらかじめ布ナプキンのメリットとデメリットを知っておくことが、布ナプキンにスムーズに移行するコツといえるでしょう。ここでは布ナプキンのメリットとデメリットをご紹介します。

布ナプキンのメリット

肌にやさしい

布製ということで肌にやさしく、通気性が良いのでムレや嫌なニオイも気になりません。また、ムレからくるかゆみやかぶれなどにも悩まされることがなくなります。

自分の身体に関心が持てる

自分で洗濯することで経血や自分の身体に関心を持てるようになるなど、「生理や女性周期と仲良くなれる」ことも大きなメリットです。

冷えを防ぐ

布ナプキンは下着と同じ肌触りの良いコットン素材を使用していることがほとんど。使い捨てナプキンをつけているときのひんやりした感じがなく、保温性があるので冷えの解消につながることもあります。

お財布にも環境にもやさしい

布ナプキン1枚あたりの価格は1,000円程度。1,000円と決して安いものではありませんが、繰り返し使えるため長期的にみると低コスト。ゴミも減らせるのでお財布にも環境にもやさしいと言えます。

経血量に合わせて使用できる

布ナプキンは一体型、プレーンタイプ、ホルダー、パッドなどバリエーションが豊富です。経血量が多くてモレが気になるときは一体型、逆に少ない日はプレーンタイプを…と自分の経血量に合わせて使用できます。

布ナプキンのデメリット

洗濯が面倒

慣れるまでは洗濯が手間に感じることが多いです。特にめんどくさがり屋の人は洗濯が面倒くさく感じてしまうかもしれません。

外出時に持ち帰る必要がある

布ナプキンは洗って繰り返し使うもの。そのため外出先で取り替えた汚れたナプキンは持ち帰る必要があります。洗濯と同様、慣れるまでは使用済みの布ナプキンを持ち帰るということに抵抗を感じるかもしれません。

モレが心配

使ってみると「意外にモレない」という感想も多い布ナプキンではありますが、使い捨てナプキンのビッグサイズに比べると、どうしても劣ります。

こまめに替えられない事情のある方が布ナプキンを使うには、重ねや防水仕様のナプキンを選ぶなど工夫が必要です。

血液感染の心配

布ナプキンは経血汚れです。血液を介して感染する肝炎やHIVなどの感染症リスクがあります。使い捨てナプキンならそのままゴミに捨てることができますが、布ナプキンの場合はつけ置き中などにうっかり子どもが触れてしまう危険性があります。

関連記事

ピックアップ記事

収納

PRISTINE(プリスティン)のパンティライナーはコンパクトに折りたためて便利だった!

暖かくなる季節は服装も薄着になるので、ぴったりめのスカートをはいたときにも目立たず、なおかつ蒸れにくい布ライナーを探しているときにPRIST…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る