布ナプキンの煮洗い方法とポイント

煮洗いについて

毎回きちんと洗濯をしていても、やはり血液はたんぱく汚れ。だんだんとシミやニオイが気になってくることもあります。

せっかくの布ナプキンですから、気持ちよく使いたいものですよね。ちょっと汚れてきたかな……と感じたら、週末など空いた時間を使って、シミ抜きと消毒を兼ね、布ナプキンをまとめて煮洗いしてしまいましょう。

ここでは煮洗いの方法とポイントをご紹介します。

用意するもの

用意するもの

鍋はアルカリに強いステンレスかホーローを使いましょう。何枚かまとめて行ったほうが効率がいいので、大きめの鍋を煮洗い専用に用意しておくのがおすすめです。

石けん

粉石けんでも液体石けんでもOK。高めの温度で使うと洗浄力が増します。

※防水布が入った布ナプキンや、プラスチックスナップ、レースなどの装飾が付いているものは煮洗いできません。高温で煮てしまうと中の防水布や装飾が傷んでしまうためです。煮洗い前に煮洗いできるか必ずチェックしましょう。

煮洗いの手順

1.20分ほど煮る

20分ほど煮る

鍋に布ナプキンとたっぷりの水をいれ、中火にかけます。ふつふつと煮立ってきたら、小さじ1程度の石けんを入れて、弱火で20分くらい煮ます。ぐらぐら煮立てる必要はありません。

2.すすいで干す

すすいで干す

20分たったら火をとめ、布ナプキンを菜箸やトングなどで取り出します。熱いお湯が入ったまま鍋ごと流しに移すと、排水管の傷みの原因になるので面倒ですが1枚1枚取り出してください。

お湯から取り出した後は石けんが残らないように水でよくすすぎます。その際、やけどには十分注意してください。

しっかりすすいで熱がとれたら、手で絞るか洗濯機で脱水して干します。熱湯消毒されているので室内干しでも臭いは出にくくなっていますが、可能ならお日さまにあてて、からっと乾かすと気持ちいいです。

関連記事

ピックアップ記事

メイド・イン・アース

滑らかな肌触りにびっくり!メイドインアースの「リトル布ナプキン」に初チャレンジ

私はもともと肌が弱くてかぶれやすく、一般的に普及している使い捨てナプキンだと、蒸れてかゆくなっていました。そんな時にインターネットで蒸れにく…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る