布ナプキンの洗濯方法とコツ

洗濯方法

布ナプキンは自分で洗濯をして繰り返し使います。そのため面倒だし経血が付いた布ナプキンを洗うのは、ちょっと抵抗もあるのではないでしょうか。

けれども経血は本来非常に落としやすい汚れです。実際にやってみると「思ったより簡単だった」という方が圧倒的。お手入れをするうちに、生理に対しての抵抗感がなくなったという方も多いです。

ここではすぐに洗える場合と洗えない場合に分けて布ナプキンの洗濯方法をご紹介します。

すぐに洗えるとき

1.すすぐ

すすぐ

血液は固まると落ちにくくなるので、自宅など洗える環境にいるときには、1枚1枚すぐに水かぬるま湯で赤い液体が出なくなるまですすぎます。中の血液を押し出すイメージでもむと落としやすいです(※)。

すすぎは必ずバケツやたらいの中で行います。水を出しっぱなしにして洗うのは水がもったいない=エコではありません。バケツなどに水を溜めて何度か水を変えるとOK。すすいだ水はトイレなどにそーっと流します。

※中に吸収体などが入った一体型ナプキンは中に血液が残りやすいので、しっかりとすすぎましょう。洗濯板があると奥に入り込んだ血液汚れをしっかり落とすことができます。ちなみに、薄手のプレーンタイプは洗いやすいのでおすすめです。

2.石けんで洗う

手洗い

洗濯石けんなどをバケツの水に溶かしてもみ洗いします。このときゴシゴシ洗いはしないこと。ゴシゴシ強い力で洗ってしまうと生地を傷めてしまいます。

また、石けんで洗う際も洗濯板を利用すると便利。繊維同士をもみ洗いするよりも生地が傷みにくいです。

すすぎは石けんカスが残らないようにしっかりと行います(※)。

※石けんカスが残っていると雑菌が繁殖する原因になるので、すすぎはしっかりと行うことがポイントです。

3.干す

干す

しっかりとすすいだら絞って天日干しします(※)。絞るときは雑巾絞りは絶対にNG!ひねってしまうと生地が傷んでしまう原因に。軽くたたんでから握って水分を飛ばしましょう。脱水のみネットに入れて洗濯機を使うのもおすすめです。

※布ナプキンは殺菌を兼ねて天日干しが基本です。

すぐに洗えないとき

忙しいときや、外出先ですぐに洗えないときはつけ置き洗いをします。特に育児中や仕事をされていて1枚1枚洗えない方はこちらの洗い方が簡単かもしれません。

1.つけ置きする

つけおき

バケツに布ナプキンがしっかりつかる程度の清潔な水やぬるま湯を張ります(※1)。

そしてお湯を張った中にセスキ炭酸ソーダや重曹を入れます。量は1リットルの水に大さじ1杯程度が目安です。量に決まりはないので洗濯をしながら「だいたいこれくらいかな?」と量を調節してください(※2)。

バケツに汚れたナプキンをすべて入れてつけ置きします。つけ置き時間は汚れに合わせて数時間~半日程度。帰宅時間が夕方6時なら翌朝6時頃までつけ置きするというイメージです。

ただし、バケツの中が血液でかなり真っ赤になると思うので、30分~1時間後に一度つけ置きの水を捨て、新しくつけ置き液を作ってつけ置きすることをおすすめします。

※1 お湯は血液が固まりやすいためNG。お風呂の残り水も雑菌も繁殖しているので使用しないようにしましょう。

※2 草木染めの布ナプキンはアルカリに弱い物ものあるので、ぬるま湯のみでつけ置きしてください。

★余裕があるときは…

つけ置き前に水かぬるま湯で赤い液体がある程度出なくなるまですすぐとベスト。中の血液を押し出すイメージでもむと落としやすいです。このときも必ずバケツやたらいの中で行います。

2.石けんで洗う

手洗い

つけ置き液はトイレに捨て、布ナプキンの内側に入っている血液をすべて出し切るように、バケツの中でもみ洗いします。このとき決してゴシゴシ洗いはしないこと。ゴシゴシ強い力で洗ってしまうと生地を傷めてしまいます(※)。

赤い液体が出ないくらいになったら、洗濯石けんなどをバケツの水に溶かして洗いましょう。すすぎは石けんカスが残らないようにしっかりと行います。

※洗濯板を利用すると便利。繊維同士をもみ洗いするよりも生地が傷みにくいです。

★洗濯機を利用する場合

つけ置きとすすぎでしっかりと経血を落とせて衛生面に気をつければ洗濯機を利用するのもOK。ネットに入れて洗うと生地の傷みや型崩れを防ぐことができます。

3.干す

干す

しっかりとすすいだら絞って天日干しします(※)。絞るときは雑巾絞りは絶対にNG!ひねってしまうと生地が傷んでしまう原因に。軽くたたんでから握って水分を飛ばしましょう。脱水のみネットに入れて洗濯機を使うのもおすすめです。

※布ナプキンは殺菌を兼ねて天日干しが基本です。

もしシミになってしまったら……

濃い目のつけ置き液につけた後、シミの部分に石けんをつけ、洗濯ブラシを使って叩き洗いします。それでも気になるようなら漂白してもいいですが、どうしても生地が傷みやすくなるので、酸素系の漂白剤を使いましょう。

また、定期的に煮洗いするのもニオイやシミを落とすには有効です。

関連記事

ピックアップ記事

メイド・イン・アース

滑らかな肌触りにびっくり!メイドインアースの「リトル布ナプキン」に初チャレンジ

私はもともと肌が弱くてかぶれやすく、一般的に普及している使い捨てナプキンだと、蒸れてかゆくなっていました。そんな時にインターネットで蒸れにく…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る