布ナプキンの種類と特徴

布ナプキンの種類

布ナプキンの種類は大きく分けて3種類。「プレーンタイプ」「一体型」「ホルダータイプ」があります。ここではそれぞれについて特徴とメリット&デメリットをご紹介します。

使いやすく乾きもいい「プレーンタイプ」の布ナプキン

ハンカチタイプ

プレーンタイプは、シンプルな四角い形をしているので、知らない人がみたら生理用ナプキンだとは気づかないかもしれません。コットン100%のものが多く通気性があり、広げて干せるので乾きもよくて衛生的。おりもの用としても役立ちます。

使い方は3つ折りや4つ折りにした布ナプキンをあてるだけ。経血が少ないときには、使った面を内側にたたみ直して再度使うこともできます。

重ねるとかなりの吸収量があり、体に沿いやすいので横モレを起こしづらいのがメリットですが、下着に固定されていないのでズレやすいこと、何枚も重ねると厚みが出てシルエットに響きがちという欠点もあります。

ズレにくさと吸収力が魅力の「一体型」

一体型

一体型は真ん中に吸収体や防水布が内蔵されたナプキンです。羽つきのものが多く、下着の裏側でスナップ止めできるようになっているので、ズレの心配がありません。

使い捨てナプキンに似た形に成形されているものがほとんどで、さらにモレにくいので使い捨てナプキンからも移行しやすいです。

しかし、厚みがあるため中に経血が残りやすくて乾きにくく、量の多い日はたくさん持ち歩く必要があるためかさばりやすいというデメリットがあります。

重ねて使える「ホルダータイプ」

ホルダータイプ

羽つきタイプの上にパッドもしくは、プレーンタイプのナプキンをのせて使い、パッドやプレーンタイプのみでも交換できるようにしたものです。経血量に合わせて組み合わせをいろいろ変えて使うことができます。

吸収体や防水シートが中に入っているものもあり、単体で使うことができるホルダーもあるのでモレが気になるという方でも安心して使えます。

上にのせたナプキンがズレにくいように、ホルダーに付いているポケットに挟み込んだり、固定テープに引っ掛けて固定できるタイプが多いです。

関連記事

ピックアップ記事

収納

PRISTINE(プリスティン)のパンティライナーはコンパクトに折りたためて便利だった!

暖かくなる季節は服装も薄着になるので、ぴったりめのスカートをはいたときにも目立たず、なおかつ蒸れにくい布ライナーを探しているときにPRIST…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る