旅行中や帰省時の布ナプキンの使用はどうするべき?

旅行と布ナプキン

布ナプキンを使用していると迷ってしまうのが、旅行や実家への帰省が生理と重なった時。ここでは旅行中の布ナプキンの使用についてお伝えします。

旅行中は使い捨てナプキンの使用もあり

結論から言うと、布ナプキンより使い捨てナプキンの使用がおすすめです。その理由はおもに3つ。

周りの目が気になる

布ナプキンは使用後に洗って干すという工程があります。ひとり旅や自分の実家への帰省なら良いとしても、友達との旅行や旦那さんの実家への帰省時は「どこで洗う?」「どこで干す?」と、周りの目を気にしなければなりません。

荷物が増える

個人差もありますが、布ナプキンの1日あたりの使用枚数は少ない日でも6枚程度、多い日だとそれ以上の枚数が必要です。

また、洗濯用の石けんのほか、つけ置き用の洗剤・容器(折りたたみバケツやジップロックなど)、干すためのピンチ付き洗濯ハンガー、持ち歩き用のスプレーも用意しなければなりません。

衛生面の心配

旅行中だと布ナプキンを洗う場所は部屋に備え付けてある洗面台がほとんどです。ここで忘れてはいけないのが布ナプキンが血液汚れだということ。医療機関では血液が付着したものは、血液感染を防ぐために手袋などをして慎重に取り扱います。

そのため布ナプキンも本来は慎重に取り扱わなければならないものです。洗面台は老若男女問わず不特定多数の人が使います。血液感染や衛生面を考えると、そのような場所で血液が付着した布ナプキンを洗ってしまうのは好ましいことではありません。

使い捨てナプキンがかぶれるなら

「旅行中だけは使い捨てナプキンを使う」と割り切ることが大事ですが、市販の使い捨てナプキンを使用するとかぶれてしまう人も。そのような場合はどうすれば良いのでしょうか?

最近ではコットン100%(肌面)、石油由来の高分子ポリマー不使用の使い捨てナプキンも増えてきているので、市販の使い捨てナプキンが合わない場合はそういったものを試してみてください。

古くなった布ナプキンを使用する手も

布ナプキンも長い間使っていると肌触りが悪くなって古くなってきてしまうもの。そういった布ナプキンは捨てずにとっておいて、旅行中に使用するのもおすすめ。古い布ナプキンなので気兼ねなく捨てることができますよ。

関連記事

ピックアップ記事

ミュッター

ミュッターのライナー&プレーンタイプとホルダー&パッドタイプを比較しました!

前回、ビビエルボのホルダーとパッドの組み合わせがとても安心感があって使いやすかったので、今回もホルダーに挑戦してみたいなぁと思っていました。…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る