生理用品の歴史

ナプキンの歴史

今でこそ生理中は「生理用ナプキン」を使うのが当たり前になっていますが、いわゆる使い捨てナプキンの歴史は以外と浅く、日本で発売されたのは1960年代になってからです。

では、それより前、女性はどうやって生理期間を過ごしていたのでしょうか。その歴史を簡単にみていきましょう。

実はタンポンのほうが早い?!

古代文明の時期、女性たちはウールやパピルス(植物の一種)、草などをタンポンのようにして使用していたようです。日本では奈良時代頃から布をあてるようになりましたが、綿が広まったのは江戸時代になってから。

それまでは麻や紙、上流階級では絹なども使われていました。綿のナプキンは繰り返し洗濯して使っていたそうなので、ちょうど今の布ナプキンのような存在ですね。

アメリカでも1900年代に入ると、多くの人が自作の布ナプキンを使用するように。1920年代には使い捨てナプキンも発売されます。

日本では帯や脱脂綿・紙が主流

「紙や布をあてた上からT字型の帯で押さえる」というスタイルから、脱脂綿を生理時専用のゴムの帯で押さえる人もでてきたのが大正時代。

現在のナプキンのように経血を吸収するようなものではなく、じわーっと染みこんでいくようなものだったそうです。

ただし、脱脂綿は当時高級品だったため、特に戦時中は生理用に使うことができず、多くの人がちり紙のようなものをクルクルと丸めて膣に詰めて使用していました。

このちり紙は今でいうタンポンの原型のようなものですが、タンポンと違うところは膣の入り口の浅い部分にちょっとだけ詰めていただけで、生理の血がもれないようにフタの役割していたことです。

そしておしっこをするようにこまめにトイレに行き、経血を排泄していました。

その後は、使い捨てナプキンが登場。その便利さから瞬く間に広まります。

70年代後半には高分子ポリマー使用の使い捨てナプキンも登場し、便利さはどんどん増していますが、一方でエコや快適さの観点から使い捨てナプキンの使用を見直す人も増え、布ナプキンが静かなブームとなってもいるのです。

関連記事

ピックアップ記事

ミュッター

ミュッターのライナー&プレーンタイプとホルダー&パッドタイプを比較しました!

前回、ビビエルボのホルダーとパッドの組み合わせがとても安心感があって使いやすかったので、今回もホルダーに挑戦してみたいなぁと思っていました。…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る