しっかりと厚みがあって安心!ビビエルボの「羽付きホルダー」と「ライナー」

布ナプキンの選び方

今回はビビエルボオンラインで発売されている、「-HAYASHI-オーガニック布ナプキン」羽付きホルダーとライナーに挑戦してみました。

この商品を試してみたいと思った理由は、ホルダーの形が紙ナプキンの形に近くて、モレにくそうに感じたから。固定するためのスナップ部分も小さめで目立たず、邪魔になりにくそうなところも購入の決め手になりました。

注文から1週間くらいで商品が届き、さっそく実物を目で見て確認してみることに。送料はメール便で無料でした。

開封した商品

今まで使ってきた布ナプキンはくたっとした柔らかいものが多かったのですが、ビビエルボの布ナプキンはくったりというよりもしっかりという言葉が似合う触り心地。

羽根つき布ナプキン

生地の目が細かくてサラサラとホテルのシーツのような高級感があり、ペラペラの一枚布という感じではなく、中心部にコットンがしっかりと詰まっていて厚みがあります。

パット

ワッフル生地ほどごわつきもないし、起毛よりも毛玉ができにくいので、大切にすることで長く愛用できる生地だと感じました。

生地のアップ

私はてっきりホルダーの方はもっと薄いものかと思っていましたが、どちらもしっかりコットンが入っているので、ライナーとホルダーを合わせてみるとかなりの厚みがあります。

重ねた時の厚み

普通の日の昼用にと思って購入しましたが、これだけ厚みがあるのであれば、多い日用としても使えると思います。

実際につけてみましたが厚みは意外と気にならず、紙ナプキン使用時よりも蒸れも感じませんでした。

ホルダーと重ねる

私の場合は普通の日の昼用として使いましたが、ライナーを貫通してホルダーまで到達することはなく、ライナーを剥がして2回分として使うこともできました。

ライナーがホルダーの中でズレるといったこともなかったですし、サイドの布の部分も広いので、仕事で動いても横漏れなどで下着を汚すこともなかったです。

サイドの布の部分

生地の関係上、寒い日だとつけた瞬間はひやりと冷たいかもしれませんが、つけているとだんだん暖かく感じてくるところが布ナプキンの不思議なところだと思います。

使ってみて感じた注意点としては、お尻部分の長さは夜用に作られたものほど長くはないので、もし夜用として使う場合は伝いモレに注意が必要ということと、布ナプキンに比べて、気を抜くと洗濯の際にちょっとシワがつきやすいという点です。

ただ、今まで使った布ナプキンの中でも、このライナーとホルダーの組み合わせが一番安心感が高いように感じました。

なので、「布ナプキンって布だし貫通して汚れちゃうこともあるんじゃないの?」なんて思っている方には、ぜひともこの布ナプキンを試してもらい、そんな心配は不要だったということを知ってほしいと思います。

5段階評価

  • ズレ・・・★★★★★
  • モレ・・・★★★★
  • 汚れ落ち・・・★★
  • 肌触り・・・★★★
  • 乾きやすさ・・・★★★
  • ムレ・・・★★★★
  • 使い心地・・・★★★★
羽付きホルダー ライナー

関連記事

ピックアップ記事

メイド・イン・アース

滑らかな肌触りにびっくり!メイドインアースの「リトル布ナプキン」に初チャレンジ

私はもともと肌が弱くてかぶれやすく、一般的に普及している使い捨てナプキンだと、蒸れてかゆくなっていました。そんな時にインターネットで蒸れにく…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る