布ナプキンの予洗い方法とポイント

予洗いについて

肌着を買ったとき、1度水洗いをしてから着用しますよね。布ナプキンも新しいものを買ったら、予洗いをしてから使用したほうが、肌ざわりも吸収力もぐんとよくなります。

ここでは予洗いの方法を2通りご紹介します。手持ちの布ナプキンにあった方法を選んで行ってみてください。

オーガニックコットンの場合

一般的にコットンを製品にする過程では、化学薬品などを使って漂白や染色など何らかの化学処理を行います。ですが、オーガニックコットンの場合はこれらの化学処理を行っていないことも多いです。

安心して使える一方で、コットンがもともと持っている天然の油分がたっぷり残っています。油分が残っているとどうしても吸収が悪くなって、横モレなどの原因になるのでこの油分を落とす必要があります。

油分は水だけではなかなか落ちないので、お湯で煮洗いしましょう。やり方は2通りあります。

鍋で20分煮る

鍋で20分煮る

ステンレスやホーロー鍋に水を入れてお湯を沸かし、布ナプキンを入れて弱火~中火で20~30分程度ゆっくりと煮ます。煮洗い後は、水でよくすすぎしっかりと乾燥させましょう。油分を落とすことが目的なので石けんは不要です。

熱湯をかける

熱湯をかける

鍋で20分煮るのは大変という方は、ステンレスやホーローの鍋や洗い桶などに布ナプキンをいれ、熱湯をかけて20分ほど置き、そのあとすすぐという手順でも十分です。

※熱湯を使っているのでやけどに注意することと、防水布やレースなどの装飾、プラスチックスナップが付いている布ナプキンは、繊維が熱で変色することがあるので行なわないようにしましょう。

普通のコットンや煮洗いできない素材の場合

普通のコットン素材や、コットン以外の素材、防水布やレースなどの装飾、プラスチックスナップが付いている布ナプキンは、水洗いでOK。一つ一つ手洗いしても良いですし、面倒なら洗濯機を使っても大丈夫です。

水洗い

洗濯機を使用する場合は弱水流の手洗いコースなどを利用しましょう。脱水は1分程度と少なめに設定します。型崩れが心配なら、大きめのネットにまとめていれて洗いましょう。

脱水がゆるめな分、乾燥はしっかりと。形を整えて風通しのいいところに干し、できれば天日で乾燥させます。

関連記事

ピックアップ記事

収納

PRISTINE(プリスティン)のパンティライナーはコンパクトに折りたためて便利だった!

暖かくなる季節は服装も薄着になるので、ぴったりめのスカートをはいたときにも目立たず、なおかつ蒸れにくい布ライナーを探しているときにPRIST…

おすすめ記事

プロフィール

nana

菜々 25歳

今までずっと使い捨てナプキン使用時のムレが気になっていました。かゆくなったり、できものができてしまったり…生理時なんて本当に最悪です。

そんな時に、インターネットで布ナプキンの使い心地が良いと評判なことを知り、布ナプキン生活をはじめました。

私自身まだまだ布ナプキンビギナーですが、たくさんの方の布ナプデビューをサポートできればと思います。

お問合わせはこちら

サイトマップ

ページ上部へ戻る