着なくなった洋服や古着の再利用法

古着のリメイク方法

着なくなった洋服、みなさんはどうしているでしょうか。

もう、ぼろぼろになってしまった洋服やひどく汚れてしまった洋服は、捨てている人も多いでしょう。

でも、流行に遅れただけの洋服や、好みが変わって何となく着なくなってしまった洋服で傷みの少ないものは、捨てるのがもったいないと誰でも考えるでしょう。

これらの洋服は、リサイクルショップに持っていったり、欲しいといってくださる人がいれば、譲ったりするのもよいでしょう。

また、子供用であれば、サイズアウトしたものがまだきれいなら知り合いに譲ることができます。すぐに捨ててしまわず、他に使ってくれる人がいれば、古着も有効に活用することができます。

古着には、新品と違う価値が加わることがあり、プレミア的な商品になる場合もありますが、ほとんどの古着にはそのようなことはありません。それでもプレミア商品のように自分だけの価値ある一着を作ることができます。

リメイクの楽しさ

洋服のリメイクに挑戦したことはありますか?

洋服を一から作るのは大変ですが、既製品をリメイクするのは簡単です。

トップスならば、Tシャツの裾をカットして、スカートを縫いつけてワンピースにしたり、穴が開いた部分にアップリケをして個性的に見せたりすることはリメイクではよくある手法です。

ボトムスなら、ひざの部分に穴が開いたパンツをそこでカットして短パンにすることもできます。切りっぱなしもワイルドでよいのですが、裾に別布を縫い付けたり、レースやリボンを付けて始末したりすれば、まったく雰囲気の違うパンツに生まれ変わります。

かわいい柄の服があれば、その一部を切ってバッグを作っても素敵です。ちょっと手を加えてリメイクすることによって、着なくなった洋服でも楽しく再利用することができるのです。

生まれ変わるジーンズ

洋服にはいろいろな物がありますが、特にリメイクに適しているのが「ジーンズ」です。もともと丈夫な素材ですし、使えば使うほど味が出るのでリメイクにはもってこいなのです。

既製品でも「リメイク風ジーンズ」として販売されているボトムスがあるくらいなので、ジーンズを使えばデザイン的にもおもしろいものを作ることができます。

ジーンズの股下部分を切り開き、別布を付けてスカートにすると可愛いのですが、なかなか難しいものです。

ジーンズは丈夫な半面、厚手で縫いにくいという難点もあります。ですから、高度な縫製技術が必要なものは、素人にはちょっと無理かもしれません。

それでもミシンさえあれば、ジーンズからいろいろな物を作ることができます。私は裁縫に関しては家庭科で習った程度の素人ですが、これまでに古いジーンズから、ポシェットや、財布、手提げバッグなど、さまざまなものを作ってみました。

どれも直線縫いだけで作れるものばかりなので型紙も必要ありません。ジーンズの生地が厚手なので、バッグの裏布には薄い生地を使えば普通のミシンでもちゃんと針が通ります。

もう少し裁縫に慣れている人ならば、カットした生地を縫い合わせてベストや帽子など、曲線的なものでも作ることができるでしょう。

捨てるはずだったものから、どこにも売っていない一点物の雑貨ができるなんて、とても素敵なことだと思いませんか。

何でも捨てることは簡単です。でもちょっとだけ手を加えると、また別の使い道が生まれるのです。

関連記事

return top