昔ながらのお掃除方法を見直してみよう

最近では、○○用の洗剤とか、○○用のお掃除スプレーやら場所ごとの掃除グッズが細かく分かれて発売されているので気がつくと手狭な洗面所が洗剤たちであふれかえってしまっていませんか?

昔の暮らしはそんなに細かく掃除グッズも分かれていませんでした。そこで、今回は、環境にもお財布にもやさしい、昔ながらのお掃除方法を見直してみたいと思います。

環境にやさしいお掃除アイテム

新聞紙

新聞紙を水で濡らして窓ガラスを拭くと、インクの油分により窓ガラスがピカピカになります。また、濡らした新聞紙を玄関に撒いてしばらく放置してから掃き掃除をすると細かいほこりなどが見事に取れるのでおすすめです。

みかんの皮

ガスレンジ周りには実はみかんの皮が効果的なんです。オレンジ色の表面ではなく、内側の白い部分をつかってみてください。あぶれ汚れがきれいに落ちます。

ティーバック

シンクの汚れ取りに効果的なのは、お茶がらや、紅茶のティーバックです。お茶がらの場合は、ガーゼなどにくるみ、ティーバックはそのままでシンクを拭いて水で流しておくととてもきれいになります。環境にも自分の手にもやさしい掃除方法です。

掃除道具として…

ほうき、ちりとりは、電気代もかからずエコで便利で収納も楽な究極の便利グッズだと思います。大中小さまざまなサイズもそろい、床材にも優しい昔ながらの棕櫚箒(しゅろほうき)も見直されています。

棕櫚蜂起

http://www.shurohouki.jp/index.html

また、廊下やトイレなどはいらないタオルで雑巾をつくり床拭きをすれば、ダイエットにもなり一石二鳥です。

それから高いところの掃除には、はたきが大活躍です。窓を開け、はたきをかけ、ほうきでゴミを掃いてちりとりでゴミを取り雑巾で水拭きをする。

昔ながらの掃除方法や家庭のアイデアは出費も押さえ、環境にも優しいのでひとり暮らしの私たち向けの掃除方法だと思います。

関連記事

return top