ちょっと待って!それを食べても大丈夫?食品添加物の危険性とは

わたしたちの食生活は、食品添加物の登場によってよりバラエティ豊かになりました。

また、天然ものを食べるよりもずっと安価に、同じようなおいしい代替品を食べられるようになりました。そのことで解決した問題もある一方で、大きな問題も持ち上がってきています。

人間を蝕むがんの脅威

その大きな問題の1つが、がんの蔓延です。がんはいまや治療できる病気と言われていますが、依然として先進国の死因の上位を占めています。

そして、その原因は人間が摂取し、あるいは呼吸する化学物質にあると考えられています。昔は、がんはこれほど多くの人がかかる病ではありませんでした。

わたしたちは、日ごろから食品添加物のたっぷり入った食材を口にしています。そこには大量の保存料が含まれます。それらは食中毒などを防止してくれている一方で、本来は自然界に存在しない人工的なものであり、人体には負担となるのです。

そもそも、なぜ食品添加物は用いられるのか

ソルビン酸、安息香酸などの保存料、サッカリン、アスパルテームなどの甘味料、赤色○○号、青色○○号、黄色○○号などという数字のついた着色料や亜硝酸ナトリウム、硝酸カリウムなどの発色剤などが発がん性物質があるとして知られています。

つまり、食品添加物が用いられるのは、「食品を衛生的に長持ちさせるため」というような理由のほかに、見た目をよくしたり、必要以上に甘くしたり味を濃くしたりするために使われているのです。それらは、本当に必要な物なのでしょうか。

食品を長持ちさせるためには、昔から食塩や酢、糖分が用いられてきました。そのものを食べても大丈夫な物を添加するならわかりますが、化学物質を使うのはやはりよくありませんね。

どうしたら食品添加物を減らせるか

まずは、食品を選ぶときに、人工的あるいは化学的な添加物を含む食べ物を選ばないようにしましょう。

新鮮な物や冷凍食品を選べば、保存料がたっぷり入った物を選ぶ必要もありません。また、桜デンブやかまぼこも手作りすれば、添加物なしですませられます。手間がかかりますが、子どもと一緒に作れば良い食育になりますね。

また、着色料が使われている物もベニバナ色素やシソなど天然のものかどうかを確認しましょう。しかし、使われていないものを選ぶのが一番です。

それが鮮やかな色をしていようが、地味な色をしていようが、おいしさは変わりません。むしろ、黄色いたくあんよりも白いたくあんの方が自然に作られた分おいしいのです。

食品添加物はコーラのように、天然のものが希少だからという理由で、代替品を作るために用いられる場合もあります。もちろん、まったく食べないということは難しいにしても、摂取する頻度や量を減らすようにしましょう。

自然食品店や自然食品コーナーには、化学的な食品添加物をほとんど使わずに作られた食品が多く取り扱われています。そうした食品を食べるようにするのも良いでしょう。

関連記事

return top